■プロフィール

とり

Author:とり
2014年2月に、水槽立ち上げ。

現在、

30cmキューブ 2本
20×30×33  3本

という「しばり」でアクアをしてます。

アピストグラマ
  ・パウキスクアミス
    リオアラカ×1ペア
    とその稚魚達

オトシン
  ・ネグロ×1
  ・並  ×2
  
その他
  ・ディープレッドホタル×3
  ・黄ホタル×3
  ・マーブルハチェット(亜種)×4
  ・チョコグラ×1 
  ・ヤマトヌマエビ×複数

を飼育中。


アピストブログのランキング?へのリンク↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
メリークリスマス&実験
皆様、メリークリアスマス!
このブログを見ていただいた皆様が幸せな一日を過ごされますように。

さて、急ですが、前回ブログに取り上げた「やしゃぶしの実」が、pHにどのような影響を与えるのかを実験します。
DSCN1575_convert_20141225145336.jpg

①水道水400mlを取ります。(容器の都合で水量は適当に400mlと設定しました。)

②そのpHを計ります。→結果6.9でした。

③やしゃぶしの実を1つ放り込みます。

④それを1日、2日と置いてpHの変化を見ます。



さて、明日はいくつになるでしょうか?

ワタシの予想は…

6.7!

ほとんど下がらないのでは?と予想します。

皆様の予想はいかがでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に、ネグロのお写真。
…なんだか、たそがれていますよね。
DSCN1574_convert_20141225145307.jpg


水質 | 15:06:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
ブラックウォーター!&ちょっと写真
随分と前に、ヤフオクで「やしゃぶしの実」を購入しまして、気が向いた時に、投入してます。

「やしゃぶしの実」は、こんなやつです。

DSCN1567_convert_20141221145238.jpg

この実から、いい具合の出汁がでるようで、魚が喜ぶわけです。

ちなみに程よくブラッククォーターになります。

が、今回投入した実のどれか?が、強烈に出汁がでるやつにあたったようで、稚魚の水槽が真っ黒に(汗

ライトを点けていても薄暗く、常に水槽はトワイライトな怪しい雰囲気となりました。

写真を試みましたが、うまく雰囲気が伝わる写真が取れなかったので、写真はなしです。

チョコグラも調子を上げてギンギンに発色しているので、このまま黒水で行きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こつこつ写真は撮っているのですが、ちょっといい感じに撮れたストックをうpしておきます。


①なかなか写真を撮らせてくれないパウキスのオス(ちなみに黒水になる前)
もっといい発色をしている時がありますが、写真が撮れるだけても貴重(ワタシには)

DSCN1557_convert_20141221145120.jpg


②我が家の古参、オトシンネグロです。
いい具合に手前の流木に来てくれていたので、思わずぱしゃり。
DSCN1560_convert_20141221145216.jpg

DSCN1559_convert_20141221145152.jpg

オトシンネグロ、しぶい奴ですね(ニヤリ



水質 | 15:46:24 | トラックバック(0) | コメント(4)
やしゃぶしの実
やしゃぶしの実を購入してみました。

アピストとかエビやる人が結構使っているようなので、試してみようかな~と。

やしゃぶしについては、ウィキ先生の説明をコピペしときます。

要は、魚が喜ぶタンニンがたくさん溶出するようですね。

ウィキ先生より↓
ヤシャブシ(夜叉五倍子、学名:Alnus firma)はカバノキ科ハンノキ属の落葉高木。日本固有種で、西日本に多く自生する。近年、花の花粉が花粉症などのアレルゲンとなることが知られるようになった。

高さは1-15mくらいになり、本州の東北南部(福島県あたり)以西の太平洋側と四国、九州の低山帯、平野部などに分布し、日本海側にはほとんど自生しない。また、街路樹として植えられることもある。樹皮は灰褐色で、老木になるにつれ次第に短冊状にはがれてくる。枝はよく分岐する。葉は互生し濃い緑色、幅は狭く卵形で、単鋸歯。長さは4-10cm、幅は2-4cmくらい。側脈は通常13-18対で多くても20対以内。また、陽樹であり、日当たりを好むところから、法面や崩壊地、はげ山などにも生えやすい。種子は光発芽種子であり、発芽に際し光を必要とする。さらにヤシャブシ類は根に根粒菌を共生させていることから、痩せ土でもよく生育することもあり、山地の緑化にしばしば利用される。

ヤシャブシ(夜叉五倍子)の名の由来は、熟した果穂が夜叉にも似ていることから。また果穂はタンニンを多く含み、五倍子(フシ)の代用(タンニンを多く含有する五倍子は古来、黒色の顔料、お歯黒などに使われてきた)としたためといわれる。

早春の3月頃、葉が出る前に花を開く。雌雄同株、雌雄異花で、雄花序は、枝の先の方に1~5個付き、開花すると下垂する尾状花序である。雄花序より下の芽である雌花序は小さく直立または斜立する穂状花序で、一つの芽から1-2個付ける。


最近、写真が少ないので現在のB水槽の様子を撮ってみました。

B水槽の左側。パウキスのオスと、ディープレッドホタル1匹がいます。
140608_1930~01


B水槽の右側。パウキスのメスと、ディープレッドホタル2匹がいます。
140608_1930~02

それぞれ、3つずつ実を入れています。

で、パウキス君のオスです。なかなか、写真を撮らせてくれません。
イニリダエよりも、水槽の外の動き(ワタシの動き)に敏感で、カメラを向けると隠れてしまいます。
140608_1938~01


ところで、先日購入した、「善玉菌がすごいんです」の使用感なんですが、

・・・

・・・

正直、さっぱり分かりません。

悪い影響はまったく感じられませんが、これといって気がつく変化もありません。

気休めなのか??

継続していくといいことあるのか??

アンモニア濃度とかちゃんと検査すれば変化を読み取ることができるのかもしれませんが。

どちらかというと、メディグッピーのほうの効果を実感してます。エサ食いはよい感じです。

さぁて、そろそろアピストの産卵が見たいぞ~。



水質 | 20:24:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
善玉菌です。
今日は、こんなもの買ってしまいました。

コトブキの「善玉菌がすごいんです」です。

86591-1.jpg

バクテリアとか菌とか生物系の添加液ってたくさん販売されていますが、使ったことなかったんです。

自分に知識がないこともそうですが、「インチキだ」とか「効果ないよ」とか「今の水槽のバクテリアのバランスを壊すよ」とか、そんな話しもちらほら聞こえてきますので。

ですが、ワタシのよく見るブログで「バイオエース」という商品を、べたぼめしてたんです。

ディスカスとか錦鯉やる人は結構使っているようです。

で、気になって、他にも使っている人のブログを読んでみると、おおむね大好評の様子。

じゃ、その「バイオエース」使ってみたくなりますよね?

でもですね~。以外とお高いんです。量も使い切れないくらいで。しかも、通販でもほとんど売っていないし。


で、代替品として見つけたのが、コトブキの「善玉菌がすごいんです」です。

「バイオエース」の中身は、乳酸菌・麹菌・酵母菌・バチルス菌・アンモニア亜硝酸分解菌などなんだそうです。

で、「善玉菌がすごいんです」の中身は、乳酸菌、酵母菌、光合成細菌、放線菌、糸状菌などだそうです。

なんだか、似てるのでいいんではないかと?

近所のホームセンターに普通に置いてたし。安いし。


で、さっき早速、規定量をぶちこんでやりましたよ。

そして今まさに、我が家の水槽では、菌という菌がうごめいていますよ!(たぶん)

さて、効果を実感できるでしょうか??


そして、ついでにこんなエサも買ってみました。

66212-1.jpg

我が家はハチェットがいるので、沈みにくくて、粒の細かいエサがいいな~と思っていて、買おう買おうと思っていた商品です。

さっきくれてみましたが、いい感じでしたよ。バクバクでした。

しかしね。ディープレッドホタル君は、やっぱりイマイチお気に召さない様子。

しぶしぶ食べてる仕草も笑えますが、メタボ計画のためには早く慣れてもらわなくては。



水質 | 20:19:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
やりなおし!
週末は、何年かぶりにスノーボードに行ってまいりました。
散々コケて痛い思いもしましたが、雪山はやっぱりいいですね~

一泊家を空けましたが、我が家の魚たちは無事でおりました。よしよし。



さて、

新しく導入したB水槽ですが、投入した流木のアク抜きが全然不十分で、あっという間にブラックウォーターになってしまいました。

しかも、pHマイナスで5まで下げていたはずが、pH7弱と上がっていました。

ぐだぐだですorz。


なんで、ほとんどの水を交換して、ほぼリセットとあいなりました。

アピスト導入なんてまだまだ先かも~


あと、近所のショップに注文していたB水槽用のLED照明が届いたので、購入してセットしました。

水作の「スマートLEDライトA220」ってやつです。
水作1
水作2

ADA水槽には、こいつをつけています。

B水槽購入時に、同じものをと思いチャームさん買おうと思ったのですが、品切れ!

しばらく、再入荷を待っていたのですがダメのようでしたので、近所のショップで購入となりました。


このLED照明、デザインがおされなんです。上のカタログ写真より、実物のほうが良い感じですよ!

水槽に手を入れる時も、いちいちどかさなくてもよいのもグッド!


難点といえば、アダプタがデカイことくらいですかね~

あと、前のものと今日買ったもので、なぜかアダプタの形が違います。

140310_2008~01

惜しいですね。


水質 | 20:22:05 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。