■プロフィール

とり

Author:とり
2014年2月に、水槽立ち上げ。

現在、

30cmキューブ 2本
20×30×33  3本

という「しばり」でアクアをしてます。

アピストグラマ
  ・パウキスクアミス
    リオアラカ×1ペア
    とその稚魚達

オトシン
  ・ネグロ×1
  ・並  ×2
  
その他
  ・ディープレッドホタル×3
  ・黄ホタル×3
  ・マーブルハチェット(亜種)×4
  ・チョコグラ×1 
  ・ヤマトヌマエビ×複数

を飼育中。


アピストブログのランキング?へのリンク↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
最近の出来事メモ
最近、本業?の趣味の釣りが忙しくて、ブログをさぼってました。

最近の出来事として、メモ的に記録しておきます。(写真なし)

①カラムナリス発病
チョコグラが随分前から、ヒレやら体表やらに白い濁りがあるのが気になっていましたが、それがパウキス稚魚にも見られたため、緑F金色の薬を入れました。
チョコグラは劇的に回復したというか、たたみがちだったヒレがカッと開いてよかったです。
パウキス稚魚は、投薬やらその後の換水で、ワタシの手際というか段取りが下手で数匹落としてしまいましたが、治療としては成功とみてよいと思います。

②富士砂を使ってみた。
投薬後の換水の際、せっかくだからとソイルをやめて、前から気になっていた「富士砂」を使ってみることにしました。
ホームセンターで購入した富士砂をふるいに掛けて水で洗ってと手間がかかります。
セットしてみた感想はというと、「微妙かも…」です。
しばらく使ってみて様子を見ます。

③パウキス二腹目産卵か?
昨日までパンパンだったメスのお腹は、今日はべっこり。
これは産んだなと。
オスメスそろって、テトラをおっぱらっています。
同居の魚を移動させたいのですが、準備が追いつきません。
明日がんばるか?

ってな感じです。




アピストグラマ・パウキスクアミス | 18:40:40 | トラックバック(0) | コメント(5)
パウキス ~子離れ~
本日、母親をベビー達と分けました。

おとといくらいから、メスが稚魚をつっつく様子が見られたのですが、だんだん本気度が増しているように見え、本日決行。

稚魚は、まだメスのそばにいたそうでしたが…。

ちなみに、稚魚はまだ6mmほどの大きさで、浮上から1ヶ月強というところです。

思ったよりも早いな~という感想です。(初めてなんで)

DSCN1522_convert_20141011201153.jpg



メスは、オスのいる混泳水槽に引っ越しました。

で、オスは早速、ムラムラきているようです。

メスを、ホテル(産卵用の植木鉢)に、連れ込もうとあの手この手でアピールしています。(ように見えます、ワタシには)

DSCN1513_convert_20141011201110.jpg

DSCN1515_convert_20141011201133.jpg

このオス、きっとなんかしゃべってますよね。

ふきだしつけて、セリフを入れるとしたら…。


オス君よ、がんばってメスを口説いてくれ。

アピストグラマ・パウキスクアミス | 20:20:44 | トラックバック(0) | コメント(3)
パウキス経過 
浮上から約1ヶ月。稚魚は、だいぶ魚らしい姿になりました。

メスのそばから離れても平気なようで、子供達は好き勝手に泳いでいます。

DSCN1504_convert_20141005110401.jpg


DSCN1503_convert_20141005110335.jpg


イトメをあげた後なので、メスのお腹がキンキンです。

DSCN1502_convert_20141005110311.jpg

最近のメスは、常に黄色というわけではなく、ふと水槽をのぞくと地味な色に戻っています。

で、エサをあげたり、ワタシが水槽をのぞいていると、警戒するのか興奮するのか黄色くなるって感じです。


DSCN1500_convert_20141005110239.jpg

ワタシのエサやりはズボラなので、冷凍ものがメインです。

買ってきた活イトメや、自宅でわかせたブラインを、一食分にキューブに小分けして冷凍しています。

オトシン用のゆでほうれん草も、一枚づつラップにくるんで冷凍しています。

以前に冷凍ブラインを稚魚が食べてくれなかったと記事にしましたが、今はそんなこともなく、パクパク食べます。

そして、まんべんなく行き渡るようにエサを撒く、ワタシのピペット捌きはなかなかのものです(自画自賛)。

やっぱりエサやりの時間は楽しいですね~。

アピストグラマ・パウキスクアミス | 11:26:19 | トラックバック(0) | コメント(4)
パウキス ~経過~
産卵から1ヶ月ほど経ちました。

稚魚は現在約15匹ほどと、少し数を減らしましたが、すくすく大きくなっているようです。

DSCN1482_convert_20140924195837.jpg

最近の観察日記①

稚魚を観察していて気がつきましたが、もう既に体長にばらつきが出はじめました。

というより、成長不良の子が目立ちはじめました。2匹ほどいます。

エサ食いが悪いのかなんなのか?こういう子は成長過程で自然に落ちてしまうようです。

この先、盛り返して欲しいものです。



最近の観察日記②

二日ほど前から、活イトメも与えています。

イトメは、小さいものをさらにピンセットで細かくちぎって与えています。

ですが、それでも稚魚達には大きいようで、一口では食べられません。

口からイトメがピロってはみ出て、それをモグモグやっている姿は、かわいいです。

メスは、もちろんイトメ大好きで稚魚以上にがっついてお腹がパンパンになっています。

う~ん、あまりデブらせたくないので、ちと考え物です。


さて、今日それを観察していたのですが、光の当たらない見にくい所だったし、一瞬だったので見間違いかもしれません。

いや見間違いであって欲しい出来事です。

それは、稚魚が大きめのイトメを口からはみ出させて格闘していたときのことです。

まわりのイトメをパクパクしていたメスが、イトメをくわえた稚魚ごと、ひゅっと吸い込んで食べたような…。

そんな現場を目撃してしまいました。

目を疑いましたが、ありえる話ですよね。真相は、メスの胃袋を開いてみないことには、分かりません…。



あと、話は変わりますが、稚魚とメスっていつ離せばいいんでしょうかね?

アクアライフのアピスト特集とかみても、稚魚の育成については、意外と情報すくないですよね?

一説によると黄色かったメスが、通常モードに戻ったらって話らしいのですが、大体どのくらい稚魚が成長したら戻るのでしょうか?

2腹目へスムーズに移行していくのに、ベターな方法ってどんなでしょうかね?

この辺は、ワタシは経験値が少ないので、情報収集中です。

生き物相手なんで、あまりトライ&エラーで学ぶ方法は避けたいなと。



アピストグラマ・パウキスクアミス | 20:28:42 | トラックバック(0) | コメント(8)
パウキス ~稚魚はグルメ?~
DSCN1481_convert_20140911200846.jpg

今のところ順調です。

ちょっと数えてみましたが、20~30のあいだです。

減っている様子ではないのでよかった。

稚魚とママさん、観察していると、楽しいですね~。

稚魚には、当然のことながらブラインシュリンプを与えています。

が、毎日沸かすのが面倒なので、冷凍を活用したいと思っています。

注)この場合の冷凍ブラインは、市販ではなく、余ったブラインを我が家で冷凍したものです。



活ブラインへの食いつきは、文句なしです。

が、タイトルの通り、稚魚はグルメなようです。

浮上したてのころに、以前に冷凍保存していたブラインを与えてみましたが、

なんと!口に含んでも吐き出すんです!!

冷凍したのは1ヶ月前くらいのものです。

もちろん、ママはバクバクです。

でも稚魚は、「なに?このブライン、鮮度悪くね?」って感じで、ペッですよ!?

で、前日に沸かして冷凍した、鮮度バツグン?の冷凍ブラインを与えてみたところ・・・

これは、食べるんですね!

稚魚には、成魚以上の味覚?というか嗜好性があるんですね。

つまり、毎日沸かせよってことか?



おまけ
DSCN1470_convert_20140911200805.jpg

こいつは、なんでも食べるぜ!

ボルの中でもバンドがきれいな個体ではないでしょうか?





アピストグラマ・パウキスクアミス | 20:17:24 | トラックバック(0) | コメント(6)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。