--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/09/03

産卵後の経過、他

パウキスクアミスが産卵したのが、おそらく8/29。

で、今日は9/3なので、6日経過したことになります。

メスがまったく黄色くならないので、心配になって、思わず鉢をひっくり返してみました。

お~稚魚がちゃんといた!(写真なし)

せっかくなので、同居のオス及び、カラシン達を隣の水槽へ引越しさせました。

なんで、同居人は並オト2匹のみです。

正直、この水槽(産卵した水槽)は、低pHでちゃんと安定している水槽ではないので、うまくいかない確率のほうが高いと思っています。

とはいえ、がんばりますよ~。


さて、ロボコットオトシンですが、1匹死んでしまいました。

3匹の中で一番小さい子だったですが、うまく餌付かなかったです。

他の2匹はブラインをよく食べるようになったので、とりあえずは安心だったのですが、この子は食べていなかったようです。

ちなみに、今回のボル(6代目)は、なんでも食べるw

個体差なのか分からんもんです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

祝 孵化(^-^)

孵化おめでとうございます。
低PHっていうことはこなれた水なんでしょうかね。
そのまま大人になってくれるといいですね。

Re: 祝 孵化(^-^)

>craft様
ありがとうございます!
十分にバクテリアがいて、アンモニアの分解が継続されると、硝酸塩が水槽内にたまりpHが下がっていくってイメージだと思います。
ただ、じゃ水換えせずにほっておけばいいかというと、そうでもなかったりで、pH5前後あたりをキープする為に、まだまだ試行錯誤してます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。