2014/10/11

パウキス ~子離れ~

本日、母親をベビー達と分けました。

おとといくらいから、メスが稚魚をつっつく様子が見られたのですが、だんだん本気度が増しているように見え、本日決行。

稚魚は、まだメスのそばにいたそうでしたが…。

ちなみに、稚魚はまだ6mmほどの大きさで、浮上から1ヶ月強というところです。

思ったよりも早いな~という感想です。(初めてなんで)

DSCN1522_convert_20141011201153.jpg



メスは、オスのいる混泳水槽に引っ越しました。

で、オスは早速、ムラムラきているようです。

メスを、ホテル(産卵用の植木鉢)に、連れ込もうとあの手この手でアピールしています。(ように見えます、ワタシには)

DSCN1513_convert_20141011201110.jpg

DSCN1515_convert_20141011201133.jpg

このオス、きっとなんかしゃべってますよね。

ふきだしつけて、セリフを入れるとしたら…。


オス君よ、がんばってメスを口説いてくれ。
スポンサーサイト
2014/10/05

パウキス経過 

浮上から約1ヶ月。稚魚は、だいぶ魚らしい姿になりました。

メスのそばから離れても平気なようで、子供達は好き勝手に泳いでいます。

DSCN1504_convert_20141005110401.jpg


DSCN1503_convert_20141005110335.jpg


イトメをあげた後なので、メスのお腹がキンキンです。

DSCN1502_convert_20141005110311.jpg

最近のメスは、常に黄色というわけではなく、ふと水槽をのぞくと地味な色に戻っています。

で、エサをあげたり、ワタシが水槽をのぞいていると、警戒するのか興奮するのか黄色くなるって感じです。


DSCN1500_convert_20141005110239.jpg

ワタシのエサやりはズボラなので、冷凍ものがメインです。

買ってきた活イトメや、自宅でわかせたブラインを、一食分にキューブに小分けして冷凍しています。

オトシン用のゆでほうれん草も、一枚づつラップにくるんで冷凍しています。

以前に冷凍ブラインを稚魚が食べてくれなかったと記事にしましたが、今はそんなこともなく、パクパク食べます。

そして、まんべんなく行き渡るようにエサを撒く、ワタシのピペット捌きはなかなかのものです(自画自賛)。

やっぱりエサやりの時間は楽しいですね~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。