2014/09/24

パウキス ~経過~

産卵から1ヶ月ほど経ちました。

稚魚は現在約15匹ほどと、少し数を減らしましたが、すくすく大きくなっているようです。

DSCN1482_convert_20140924195837.jpg

最近の観察日記①

稚魚を観察していて気がつきましたが、もう既に体長にばらつきが出はじめました。

というより、成長不良の子が目立ちはじめました。2匹ほどいます。

エサ食いが悪いのかなんなのか?こういう子は成長過程で自然に落ちてしまうようです。

この先、盛り返して欲しいものです。



最近の観察日記②

二日ほど前から、活イトメも与えています。

イトメは、小さいものをさらにピンセットで細かくちぎって与えています。

ですが、それでも稚魚達には大きいようで、一口では食べられません。

口からイトメがピロってはみ出て、それをモグモグやっている姿は、かわいいです。

メスは、もちろんイトメ大好きで稚魚以上にがっついてお腹がパンパンになっています。

う~ん、あまりデブらせたくないので、ちと考え物です。


さて、今日それを観察していたのですが、光の当たらない見にくい所だったし、一瞬だったので見間違いかもしれません。

いや見間違いであって欲しい出来事です。

それは、稚魚が大きめのイトメを口からはみ出させて格闘していたときのことです。

まわりのイトメをパクパクしていたメスが、イトメをくわえた稚魚ごと、ひゅっと吸い込んで食べたような…。

そんな現場を目撃してしまいました。

目を疑いましたが、ありえる話ですよね。真相は、メスの胃袋を開いてみないことには、分かりません…。



あと、話は変わりますが、稚魚とメスっていつ離せばいいんでしょうかね?

アクアライフのアピスト特集とかみても、稚魚の育成については、意外と情報すくないですよね?

一説によると黄色かったメスが、通常モードに戻ったらって話らしいのですが、大体どのくらい稚魚が成長したら戻るのでしょうか?

2腹目へスムーズに移行していくのに、ベターな方法ってどんなでしょうかね?

この辺は、ワタシは経験値が少ないので、情報収集中です。

生き物相手なんで、あまりトライ&エラーで学ぶ方法は避けたいなと。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。