2014/04/24

続・白点病 鷹の爪~

少し更新に間が空きましたが、その間はイマイチいいことなしです。

イニリダエを同居させるも、オスのしつこいチェイスにメスがまいってしまい、また別居。


で、治ったと思った白点病が、別の個体で再発!


今回発病したマーブル&マーサの4匹を隔離し、「鷹の爪&塩」を実験してみました。

で様子を見るも、イマイチ効果がつかめず、結局「グリーンFリキッド」を本日購入し、投薬治療を開始しました。やれやれ。


「鷹の爪」は、多分効きます。今回は、隔離した水と本水槽と両方に投入しました。

方法は、お湯に一味唐辛子をいれ、フィルターで濾し、赤くて辛~い液体を水槽に投入するという方法です。

お湯1Lに、大匙一杯分の一味を入れ、それを、30キューブ水槽2本と、隔離した水に使いました。

濃さというか分量は、ノリです。個人的な感覚では結構いれました。

ちなみに、ネット上のどこかの情報では、60センチ水槽に鷹の爪2本分と書いてあったように思います。


投入期間は2日間。で、その感想というか結果を羅列してみます。


・白点病の成虫が、わずかに一部、直接剥がれたように思う。(白点虫が泳いでいるのが目視できたので)

・水草には取りあえず影響は見られませんでした。

・魚は死ななかったが、粘膜というか肌にダメージがあるように思う。(カージが肌荒れをおこしたように思う)

うーむといった感じです。特別オススメはしませんので、試す場合は自己責任でお願いします!

というか、

よしだ縮小

吉田:「総統!ケチケチせずに薬を買いましょう!」

本日より使用する「グリーンFリキッド」の効果はいかほどでしょうか?
スポンサーサイト