■プロフィール

とり

Author:とり
2014年2月に、水槽立ち上げ。

現在、

30cmキューブ 2本
20×30×33  3本

という「しばり」でアクアをしてます。

アピストグラマ
  ・パウキスクアミス
    リオアラカ×1ペア
    とその稚魚達

オトシン
  ・ネグロ×1
  ・並  ×2
  
その他
  ・ディープレッドホタル×3
  ・黄ホタル×3
  ・マーブルハチェット(亜種)×4
  ・チョコグラ×1 
  ・ヤマトヌマエビ×複数

を飼育中。


アピストブログのランキング?へのリンク↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地元のペットショップは…
今日、地元の大型?ペットショップが新店を新たにオープンさせたので、見に行ってきました。

犬猫用品がメインですが、熱帯魚も生体~用品まで扱っているお店なので、新店の様子はどんなもんかと、のぞきにいったわけです。


が、しかしですね…。


熱帯魚コーナーには、空の水槽が並んでいるだけで、「生体の販売開始はまだ未定です。」だって!

新聞の折り込みチラシを見ても、そんなことは一言も書いてませんでしたよ~!

はあ…。

用品も…品揃えから値段まで、イマイチ過ぎて…。

一応、開店のご祝儀で、エアチューブだけ買いました。


ほんとは、地元に贔屓のお店を持ちたいと思っているのですが、高かろう悪かろうでは…。

結局、チャムってしまいますよね…。


用品は大体を通販で購入していますが、生体はまだ、通販を利用したことがないので、一度試してみたいと思っています。

まあ、ブラジルからはるばる日本までやってくるわけですし、国内でも、地元のショップは問屋から宅配で入荷してるわけですから、なんてことないはずですよね…。

とはいいながら、死着の恐怖はもちろんですが、トリートメントも不十分でコンディションが悪いのがきたらどうしよかとか、不安を感じます…。

やっぱり、自分手選んで納得して購入したいですよね~。東京大阪等の方はその点、直接専門ショップに行けるのが、うらやましいです。


地方のワタシは、店主さんを信用して、エイっと。行くべきですね。地元の売ってないし!


通販で購入することがあったら、またブログに書きます。では~















スポンサーサイト
アクア | 21:01:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
オトシンネグロと、エリザベサエネグロ?
ネグロ川って、ウィキ先生によると世界最大の支流なんだそうです。

で、マナウスでソリモンエス川と合流し、おなじみのアマゾン川となります。

ちなみに、「ネグロ=黒い」という意味で、ネグロ川は、別名「飢餓の川」(リオス・デ・フォーメ)とも呼ばれるそうです。


(以下、ウィキ抜粋)
コロンビア国内に源を発し南東に流れ、ブラジルの都市マナウス付近でアマゾン川中流に合流する。アナビリャーナス群島という多くの中州があり、雨季には広大な森が水没する。ネグロ川とは黒い川という意味で、その名の通り水の色は黒褐色をしているブラックウォーターである。原因はタンニン等植物由来の腐食酸によるもので、水質はPh4.0~Ph5.0と酸性傾向でありボウフラも育ちにくい。そのため魚の種類も約400種と少ないが、その反面、美しく個性的な魚が多く棲息している。世界最大の支流であり流量42,000tは世界第2位の大河コンゴ川を上回る。


さて、今日は単にワタシの疑問というか、違和感を書きたいと思います。

最近、アピストは、ロカリティを重視してますよね?

Ap.○○ イーリャグランデとかサンガブリエルとか、リオアラカとかいった感じで。

エリザベでいうと、最近お祭り騒ぎになっていた「バニワ」とか。


そんな中「エリザベサエ ネグロ」って結構普通に呼ばれて、出回っていますが、

大雑把過ぎやしないかい?とふと疑問に思ったわけです。


でも、「オトシン ネグロ」には全然違和感感じないです。

なぜでしょう?

オトシンネグロの場合は、別にネグロ川だけに生息しているわけではないようですが、比較されるのが、

他種であるオトシン達で、オトシンネグロの中で、バラエティがない(紹介されていない)からだと思います。



しかし、アピストの場合、同種間でも、生息場所毎に色彩や体型に特色があり、どこそこで採れた(生息していた)

っていうことで区別され、珍重されます。


エリザベサエは、色彩の違いは地域差ではなく、単に個体差に過ぎないとも言われていますが、

少なくとも、採取されたある程度狭い範囲の地名をつけて、その他で採取された個体と区別しているわけですから、

そこに、世界最大の支流「ネグロ」の名前をつけたら台無しじゃないかい?と思ってしまうわけです。


エリザベサエ ネグロの「ネグロ」ってどういう意味でつけているんでしょうかね?



さて、写真は、ブロッコリーをかじる我が家のオトシンネグロくんです。

でも、我が家のオトくん達のお好みは、


昆布(ほぼ無視)<<(越えられない壁)<<ブロッコリー<流木<スポンジ  です。


結構な時間、スポンジフィルターのスポンジをカジカジしていますが、スポンジに何か湧いているんですかね~?

スポンジをお腹に詰まらせなければいいんですが…。

そんなオトくん達なので、ブロッコリーに2匹はっついていたのを見て、思わず写真を撮ってしまいました。


140223_0844~02


追記)オトシン・ネグロは、アルゼンチン便で入荷することが多いみたいですね!オトシン・ネグロの「ネグロ」はネグロ川のネグロではなく、単に「黒い」って意味のネグロかも。

追記)エリザべ・ネグロとは、エリザべはもともとネグロ川の上流域及び支流にしか生息していないようですので、大雑把な表現に違いはないのですが、ネグロ川全体を指すわけではないそうです。

アピスト一般 | 19:37:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
ロリカリアとカマツカ
ロリカリアって、けっこうマイナーな熱帯魚じゃないですか?

ぺったん系の熱帯魚好きでも、初心者ならカラフルで体型にもバラエティー豊富なプレコに目が行っちゃいますよね。

ロイヤルプレコとかインペリアルゼブラとか、あとドット系とか。

私も、ロリカリアについては不勉強ですが、なんか、「カマツカ」とかぶるんですよね。

カマツカ知ってます?↓こんなの。

カマツカ

コイ科の魚なんで、よく見れば全然違うんですけどね。

日本淡水魚!って感じの渋いカラーリングと、川底で砂をバフバフしてる愛嬌のある動きが魅力的です。

食用にもなるって話で、一度捕まえたのを食べたことがありますが、小骨が多くてイマイチでした。


で、ロリカリアたん。(また、写真は無断で拝借してきています。すみません。リネロリカリア.spだそうです。)

ロリカリア

プレコにもオトシンにもない独特のピューっとした細長ボディーに、実用重視のカモフラージュジャケットを着ています。

渋いっすよね~。日本淡水魚に共通するような、わびさびを感じます。

我が家の30キューブでは、サイズ的に厳しいですが、じっくり観察したいお魚です。




アクア | 19:03:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
ヒータートラブル大丈夫?
今日もちょいと人様のブログを読ませていただいていました。

過去の日付のものでしたが、

オートヒーターを使っていて、ある日突然壊れて、大事なお魚ちゃんが、煮魚になっちゃったって内容です。


ぞっ! としますよね。


メーカーはテトラのものだったそうです。

慌てて、我が家のオートヒーターのメーカー確認しましたよ。(になみに、ニッソーでした。)


そういえば、チャームでヒーターのメーカー選ぶときに、「ニッソーなら大丈夫じゃない?老舗だし。」

って感じで選びました。


ヤホー先生のところには、ヒーター故障による煮魚トラブルの声がたくさん寄せられていますので、

ヒーター選びには慎重になったほうがよろしいかと。


しかし、テトラさんって、餌屋じゃなかったの?あと水質調整剤と。

久々にアクア復帰してみると、テトラさん水槽作ってたり、小物作ってたりしてますね…。

しかも、安いラインの。

しかも、評判よくない…。


大事なお魚の安全を確保する為にも、道具選びには慎重になりたいですね。

1000円2000円ケチって、安いヒーター買ったり、ヒーターの買い替えをしなかったりして、

○万円のお魚を煮てしまったり、火事おこしたら洒落にならんからね!






水質 | 19:16:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
バンパイアオトシンと拍手ありがと~!
ブログを初めてみたものの、あまり人様に読んでいただくようなものでもなく、
個人的な日記感覚でやっておりますが、なんと「拍手」下さった方がいました!
にやにやしてしまいました。「拍手」下さった方、ありがとうございます~!


で、バンパイアオトシンについて

入荷があった某ショップのHPにでていたので。
(画像は、ショップのHPより無断でお借りしました。)

通常、ペルー便のところが、今回はコロンビアからだそうです。

タイガーバンパイアオトシン コロンビア



昔、アクアをやっていたころは、オトシンにあまり関心がなくて、「並オトシン(オトキンクルス属)には、

ヴィッタートゥス初め何種類かいる。」くらいの認識でした。

水草水槽用に、オトシンを買う時も、模様の違うのをいくつか選んで飼ったので、2~3種類くらいなんとなく

飼ってた感じです。

あ、でもゼブラオトシンが、雑誌に載った時は、「おーかわいい!」と思いました。

が、地方の私は現物を拝むことができませんでした。



で、現在、オトシンネグロを飼い始めて、ヤホー先生にオトシンについて教わっていると、

オトシンメインで飼育されている方が意外といてびっくり。

しかも、ゼブラオトシンからニューゼブラ、グリーン、タイガー、ボルケーノ、ロボコップ等と知らない名前がわさわさ。

もともと、プレコもコリも好きなワタシは、がっちりハートをつかまれましたよ!


個人的には、ひょうきんな感じがするボルケーノと、王道の白黒ゼブラが好きですね!

うーん、飼ってみたい。


バンパイアオトシンってのは、「ナンノプトポマ属」ってのに含まれるらしいですね。

私の教科書は、「アクアマガジン第11号 ロリカリア、オトシンクルス特集」1991年(古!)

ですので、掲載の分類表には「ナンノプトポマ属」って載ってないんですよね~

教科書が古いせいなのか、分類表が簡易的なのかわかりません。

だいたい、オトシン特集っていいながら、写真も少ないんだよ~!


つまり、言いたいことは、オトシンの勉強したいから、「オトシンのいい教科書(日本語で)」が欲しい!ってこと。


オトシンは、マイナーな分野でしょうから、新たな出版なんて期待うすうすでしょうけどね…。

いい教科書をご存じの方がおりましたらご教授下さいませ。


入荷したバンパイアオトシン、生で見てみたいな~。







オトシン | 18:08:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
お買いもの
今日は、車で掛川の熱帯魚店をのぞきにいきました。

トレジャーハンターというお店です。

このお店、結構かわったお店で、買取にちからを入れていて、いわば熱帯魚のリサイクルショップといった感じです。

せっかくなんで、流木とエーハイトーフのリサイクル品?とブラインの漉器を買って、850円也。

ちょっと家からは遠いですが、また機会があるときによりたいと思います。思わぬ掘り出し物があるかも。


今日はお休みなので、ネットで有名ブロガー様を一周して、水槽の手入れをしてました。

我が家のカージナルテトラ、今日もびんびんでフィンスプしてじゃれてます。

まだ1つ目の水槽を立ち上げて1カ月もたっていないのに、2個目の水槽の購入に葛藤しています。

チャームさんで安くいけば1万円で納まるんですが、単純にお金の問題じゃなくて、なんというか、

勢いにまかせてこのタイミングで増やすのは、どうなんだろうか?と。

2個目の水槽を、30キューブでいくのか、60×30×30でいくのか、60レギュラーでいくのか?

はたまた、30×30×40なんて選択肢も…。

こうやって悶々と悩むのが、楽しいんですよね~。

なーに、まだあせる時間じゃない。

のんびりいこうぜ。アクアライフ。



アクア | 19:28:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
ミウアってどうよ
Aqua Fauna 便で、アピスト ミウアが来てますね~

しかも本家リオミウア(イガラッペミウア)から!


しかし、地方にいながらも写真付きで最新の情報が手に入るのは、ネット様様ですね。

中学生のころは、情報はアクアライフか地元のショップのお兄さんからだけでしたからね。


少し前にイエローミウアが来た時も、話題騒然でしたが、本家ミウアにはわくわくさせられますね。

お値段も、イエローミウアの4万越えがアベレージだったようですが、このミウアも4万越えです!さすが!


先にイエローミウアを導入してしまった人は、「ねぇ今どんな気持ち?」と聞いてみたいです。

というのも、私は個人的には、「ミウア」のほうが断然魅力的に見えるからです。


まぁ、好みは個人の趣味の話ですので、どちらの優劣もないです。

が、少なからず、「ミウア」のほうが好きだけど、イエローミウアが入荷して、「むむむ、このタイミングで手を打つか?」

と、悩んで大枚をはたいた方もいたと思います。

で、本命「ミウア」がこのタイミングで入荷して、「う~立て続けは厳しい、お財布にも水槽にも…」って苦悩する様を想像してしまいます。


この手の話は、難しいですよね?私はまだ、アピ導入を果たしていませんが、最新入荷情報をチェックしながら、

買いだな~とか、これはまだ見送るべきだな、とか脳内妄想してます。楽しいです。

きたるアピスト導入日まで、自分の飼いたいアピストのイメージを固めておいて、本命の入荷のチャンスをじっくりまつのが大吉ですね。


あと、近所にアピ友達がいて、「おいお前、半額だすからミウア買っとけよ、そんかわしFのいいのはよこせよ。」

とか、できたら楽しいですね~。

ではでは~

アピスト一般 | 18:29:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
とりあえずの現状
現在の水槽の画像を貼り付けてみます。

うーんやり方よくわからん。

ガラケで撮った画像をそのまま取りあえず、添付してみました。

なんかデカイし、縦長だし、よくわからんのでまた勉強します。

実際の水の色はもっと茶色いですが、意外とクリアに写りますね。

ブログの技術も飼育技術もJOJOに上達していきたいと思ってます。



20140221 suisou2


アクア | 19:52:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
低pH維持への道
今日は、オトシンのフンを取り除く為、2Lほど水を抜き、ピート水を追加。

水槽のpHを計ると7くらい。意外と下がっていません。水はブラックヲーターなのに…。

まあ、まだ立ち上げて1カ月も経っていませんので、気が早いっちゃ~気が早いですが、

6.5くらいのは持っていきたいもんです。

アピスト関係のよそ様のブログを読むのが大好きな私ですが、とあるブロガーさんは、ソイルの有効性(便利さ)を紹介していました。

あるソイルを使えば、pH5台はあっという間とか。お手軽ですね。

実は、初期設備・小物をチャムった時に、ソイルも買ってはいるんです。

ただ、田砂のほうが使ってみたかったっていうのがあって、ソイルを試すのはまた今度と後回しにしていました。

田砂はpHに干渉しないって話を聞いて(思いこんでて)、採用しましたが、あらためてヤホー先生に聞いてみると、

弱アルカリへしばらく引っ張るみたいな話もあるらしい。

確かに水槽をじっくり観察してみると、白い貝殻片みたいなものがある気がする…。

まあ、なんにせよ立ち上げから半年は、水も不安定だろうから、色々試しつつ、アピを導入する日を待ちたいと思います。



水質 | 18:46:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
現在の水槽状況とカージの凶暴性
毎日、1Lくらいピート茶を投入しているせいで、水が随分と茶色く色づいています。

pH計ってないけど、色だけ見ればpH5台にみえます。(実際は6.5くらいかな?)

今日は、オトちゃんにきゅうりをプレゼントしてみましたが、多少かじっていたけど、流木のほうがお好きみたい。

お腹まわりもふっくらしてきて、そのうち勝手に産卵しちゃうんじゃないかと思います。

(まぁ、卵は、速攻でカージくんが食べちゃうんでしょうけど…)

それにしても、オトシンのフンの量がすごい…。30キューブに3匹は多いな。


で、カージ君。

ピート茶を投入しだしてから、調子が良いようで、「ビンビン」ですね、背びれが。

常にピンと立ってます。

背びれや油びれに白が乗ってきていますので、これも調子のよいサインのようです。


しかし、このカージナルテトラってのは、凶暴なんですね!

大吉は比較的穏やかなんですが、中吉小吉は、ずっとフィンスプしては、かじりあってます。

大吉も巻き込まれ、3匹揃って尻びれが削れてます…。

ま、死ぬまではやらんとおもいますが、群れで飼育しないとこんな風になるんですね。

ある意味、カラシンらしい一面ですね。

別の種類の魚を投入したら、パワーバランスが変わって、穏やかになるんでしょうかね?

てか、オトシンのフンもすごいし、30キューブで魚増やすのは厳しいかな~。

まずは比較的お安いアピを1ペアいってみようか?

うーむ。






カージナルテトラ | 19:07:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
アクアな目標~
約15年ぶりにアクアに復帰して、今後の目標を整理しときます。

基本は、昔、憧れてても飼育できなかった魚や、失敗した魚をやりたいと思っています。

昔はネットで情報収集もできませんでしたが、今は頼れるヤホー先生が楽しい情報をたくさん教えてくれるので、

チャレンジしてみたい目標も途中で増えるかもしれません。

じゃ、

・縁なしのガラス水槽での飼育。(達成!)

・カージナルテトラを飼ってみたい。(達成!)

・オトシンネグロを飼ってみたい。(達成!)

・ミクロソリウムの本ナローを使いたい。(達成!)

・チョコグラの長期飼育(+繁殖もできれば)

・アピスト色々やりたい。(好きなアピストは後日)

・コリドラス・プルケールを飼いたい。

・コリドラス・バーゲシーの繁殖

・インペリアルゼブラプレコの繁殖

・クラウンキリーの飼育

・アフリカンランプアイの飼育

・本ゼブラオトシンの飼育と繁殖

・ボルケーノオトシンの飼育と繁殖

・アルタムエンゼルの飼育(水槽規模的に無理そうだが)

・トニナの森を作りたい

・パンタナルウェーブリーフハイグロを育てたい。

・ソイルを使いたい。

・エキノドルス オパクスを育てたい。

・ディスカスのヘッケルを飼っていみたい。(これも水槽規模的に厳しい)

・マツブッシーの長期飼育(+繁殖)

・魚のアップの写真を撮ってニマニマしたい。


ふー、すぐ行けそうなのから、水槽規模的に厳しいのから、色々ですが、

資金と相談しながらJOJOに達成していきたいですね~

どこから手をつけるべきか悩みますね。


アクア | 18:46:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
私のアクア歴と・・・
ワタシク、熱帯魚の飼育は、小学校高学年~高校の約7年ほどの経験と、大学生の時にちょっぴりショップでアルバイトをした経験があります。

基本的に、アピスト、コリ、水草が好きで、60レギュラー2本をメインで、こつこついろんな種類を飼いました。

印象深いというか覚えているのは、

アピスト
 アガシジ(繁殖成功)、ビタエニ、パンドゥロ、ロートカイル♂(混じり抜き)、パウキ♀(混じり抜き)、ゲフィラ、ギビケプス
  当時お金のない地方の私には、マナウスMIXが熱かった!
 
その他シクリッド
 ナノクロ ヌーディケプス、カポウ

 エンゼル ゴールデン、ブラック(繁殖成功)


コリドラス
 アドルフォイ(繁殖成功)、バーゲシー、ザンガマ、メラニスチウス、ナルキスス

アナバス
 並ベタ(繁殖成功)、ベタコッキーナ、チョコグラ、ゴールデングラミ(産卵)

その他
 グッピー、テトラ類、コンゴテトラ(産卵)、タイガープレコ、チャイナバタフライプレコ、並オトシン、エビ


多分他にも飼っていたと思うけど、取りあえず今思い出せたのが、ざっとこんな感じです。

大体、今の好みも変わっていないと思いますよ。


水草は、パンタナル・ウェーブリーフハイグロを高いお金を出して挑戦し、撃沈した記憶があります。

あと、レースプラントもうまくいかなかったな。エイクホルニア、エキノドルスが好きです。




で、今後の目標なんですが、基本過去のリベンジや昔の憧れのお魚を飼ってみたいというものです。

今回は、60の水槽台に収まる範囲という「しばり」を設けてアクアをしていくつもりです。

でないと、世話もおっつかないし、お金も…。

少数精鋭でがんばります。

目標詳細は、明日の日記にします。







アクア | 19:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
お魚観察
ピート水を添加するようになって、心なしかカージ達が調子を上げているように感じます。

カージもオトシンネグロも今回が初めての飼育なので、じっくり観察してますが、それぞれおもしろい。

カージは温和で群れて生活するイメージをもっていましたが、3匹という少数で飼っているせいか、

意外にもフィンスプ的なことをして、ずっと小競り合いをしてます。

一番でかい大吉が、一番おっとりとした性格のようで、中吉や小吉が喧嘩を吹っ掛けてきてもすぐに逃げてしまいます。

少しヒレもかじられているみたい。

で、中吉と小吉は好戦的でしょっちゅうフィンスプ合戦をしてます。


オトシンネグロは、大吉と小吉は餌の好みが同じみたいで、ブロッコリーを入れていたときには2匹揃ってお腹パンパンにしていたし、今は流木から生えている白いモヤみたいのをかじっているようで、やっぱりお腹パンパンです。

ですが、中吉は、いまいちそれらにがっつかず、ちょっぴりかじかじしているようですが、スマートのままです。

(決して不健康にやせている感じてはなく。)

ていうか、オトシンネグロのフンが結構ハンパないです。

もはやプレコです。

もともとプレコもコリも大好きですが、オトシンもかわいいですね!!

うーん、いつかゼブラオトシンとかボルケーノオトシンもじっくり飼育してみたいな~。




水質 | 17:08:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
ピートでブラックウォーター!
今日は、水換えを少々しつつ、昨日仕込んだピートを使用してみます。

pH下げるのに、何を使うか悩んだ結果、今回はピートの使用に決定しました。

理由は、
①まだ自分で使ったことがないので試してみたい。(水が茶色くなるならどのくらいかも実感したい。)
②ヤホー先生によると、アピストやっている人たちから圧倒的な支持がある様子なので。
③pH下げる以外にもフミン酸?やらなにやら、アマゾンのお魚が喜ぶ出汁がでるとのことなので。

で、昨日ホームセンターに買いに出かけたのですが、本命のセラのブラックピートどころか、ピート自体が置いていない!!

テトラの液体調整剤はずらっと並んでるのに。

で、園芸コーナーに行くと、未調整ピートがしっかり置いてあるではないですか!

当初はアクア用のピートを使うつもりでしたが、これも何かの縁ということで、今回は園芸用ピートを購入。

今回かった園芸用ピートは、ほぼ粉末で、5Lで350円ほど。

pHは4+-0.5と表示されていました。

で、ブラックウォーターを作るべく、100円の麦茶ポットと150円のティーパックのLサイズを購入。
(総額600円ほど!!安い!!)


今回の作業手順は、

①空のティーパックLサイズにピートをつめつめし、ピートのパックを2つ作ります。
 (ちなみに5Lもピートがあると、50パックくらいできそうな勢いです。)

②ピートのパックを水道水でもみ洗い(粉末やホコリ、一番出汁をざっと洗い流すため)

③そのパックに熱湯をかける(よく出汁がでるように&殺菌?)

④ポットに1L水(純水)を入れ、パック2つを投入

⑤時々思いついた時に、ポットをゆすりつつ、一晩放置。

完成!!


できたピート茶は、薄く色がついていますが、思ったほど茶色くありません。
微細な粉末が多いようで、底に粉状のものがこずんでいます。
臭いは…、土っぽいような臭い?あまり臭いはありません。



では、ピート茶のpHを計ってみます。


…おお!pH5! というか、テトラの液体pH試薬の下限が5なのでもっと低いかも!

一晩でこの威力。ピート茶恐るべし。

では、早速試していきます。

現在の水槽のpHは、7でした。

で、こんどはピート茶(pH5)と水槽水(pH7)を、半々で割って計測→pH6!!

てことは、pH6.5にするには、水槽3:ピート茶1の割合にすればいいってことか?

てことは、pH6.8にするには、水槽9:ピート茶1の割合てことか?

現在の水槽の水量は、30×30×23(水深)=20700 で、約21L

pH6.8にするには、2.3Lくらいピート茶を投入しないといけないことになる。

今回は、1Lしかピート茶を作っていないし、底にたまったカスを使わずに上澄みだけを使用するので、
実質700mlくらいしか使えません。

なんで、pHは、0.1も下げられないってことになります。

で、最終的に作業完了後の水槽のやっぱりpHは7!(テトラの試薬では、細かい値はわかりまへん)

気長に、ピート茶を投入していく生活になりそうですね。


水質 | 10:01:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
ホームセンター大好き
今日は、あく抜きに2週間水に漬けておいた流木を、水槽にドボン。

(水質に影響するのか?)

あともう少しレイアウトに追加の予定がありますが、ほぼほぼ予定のレイアウトが完成。

なかなかいい雰囲気になって満足。

今日は、ホームセンターに行って、なにやら色々お買いものをしました。

手が水につからないような柄の長いネット、オトシンへの餌やり用に、アルミの棒を購入&カット曲げ加工、
前日から考えていたpH効果用のピートです。

ピートは、アクア用のものが売っていなかったので、園芸用のものを購入。

詳細は明日の水換えのときにします。

近所のホームセンターは、アクア用品もなかなかの品ぞろえで、専門ショップよりも充実しています。

というかショップが少なすぎ…。

30キューブ水槽を初めて思ったんですが、アクア専用の用品だけだと、以外とかゆい所に手が届かない。

もちろん、探せばチャームさんとかにもあるのかもしれませんが、手にとって見れないのが痛いです。

で、ホームセンターの通常の売り場や園芸コーナーをうろうろしては、「これ、アクアに使えね?」みたいなことをするわけですが、これが楽しいですね。

そのうち、自作便利グッズを紹介できたらいいかも。

では今日はこのへんで。

アクア | 17:44:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
pH降下の方法
まずは、自分が認識している魚の上手な飼い方(水質安定の仕方)を確認。

お魚を上手に飼うには、魚のフン等から発生するアンモニアを、「アンモニア→亜硝酸→硝酸塩」
とバクテリアに分解してもらう必要がある。
(アンモニアや亜硝酸は魚にとって毒!)

で、このバクテリアは、水質変化(例えばpHの急激な変化等)で崩壊し、フンのアンモニアが分解されないばかりか、バクテリアの死がいからもアンモニアが発生し、魚はオワタしてしまう。

なので、水槽立ち上げ時は、バクテリアのアンモニア処理能力(バクテリアの増加スピード)と、アンモニアの発生量(餌の量や生体の数)をシンクロさせて、水中のアンモニアの値の上昇を抑える必要がある。

一度バクテリアが定着したら、餌の量・フンやpHを変化させない(緩やかな変化)となるようにしなくちゃならん。

という流れ。

ちなみに、アンモニアの分解された果ての硝酸塩はpHを下げる為(硝化作用という)、pHを戻したり硝酸塩を薄める為に、必要なタイミングで水換えをする必要がある。


前置きが長くなったが、我が家のpHが7~7.5とやや高い為、まずは6.5あたりに目標を定めて安定させたい。
(ゆくゆくはアピストの為に5付近での安定をめざしたいが)

で、硝化作用をのんびり待つのも一つだが、ちまたにあふれるpH降下の為の添加物を試して、緩やかにかつ速やかに6.5あたりでの水質安定を目指していこうというわけです。

ヤホー先生によるとpH降下の方法は、以下の物があるとのこと。
それぞれ一長一短があるようですので、私の意図にマッチする方法を採用したいと思います。
今回の基準は、「冒険しない&再現性がある」です。


①ピート(固形)
  →採用の方向で。
   アピストやってる人は、ほとんどこっちのような気がする。
   めんどくさい、水に茶色がつく、カスが浮く等のデメリット意見も。
   
   セラやスドー等アクアメーカーから発売されている他、園芸用ものも使われている。
   
   直接放り込む、煮出して濃いブラックウォーターを作る、溜め水につけてエキスをゆるやかに出す等
   使い方色々。
   
   ピートを使うに決めてもメーカーや使用方法の選択肢が色々あって大変だ。
   再現性のある方法を確立しなくては。
   
 
②テトラ pH/KHマイナス(液体)
  →検討中
   いつでも手に入るし、名前もそのまんまだし。
   ただ、いまいち「使用者からのうれしいお便り」的な記事が少ないように感じるかも。
   ヤホー先生は、①ピートのほうをオススメしている感が強いように感じる。
   pHは下がるがTDSを上昇するとの話もあったが、そのへんもはっきりしない感じ。
   

   テトラジャパン(現すぺくtなんちゃら)に電話で聞いたところ、
   原液のpHデータ等は公開していなりとのことで、具体的は話は聞けず、
   「表示の量で、少量ずつ投入しては、pHを計るを繰り返しなさい」とのことでした。
   う~む。


③テトラ ブラックウォーター(液体)
  →不採用
   テトラジャパン(現すぺくtなんちゃら)に電話で聞いたところ、
   原液のpHをデータがない&pH降下効果は低いとのこと。なんのこっちゃ。  


④ソイル
  →不採用
   かなり主流のようだが、ヤホー先生によるとアンチも多い様子。
   ソイルの種類多すぎwww
   すでに、田砂を敷いているので。


⑤マッジクリーフとかなんかの実。クヌギ等の葉っぱ類
  →不採用。
   葉っぱの種類とかも色々ありそうだし、いつでも同じものが手に入るとは限らなさそう。
   以外とお値段高い。
   水槽景観的にいまいち。
   ただ、ヤホー先生によると使用している人からは好評の様子なのでいづれ試してみたいかも。
 
⑥クエン酸(レモン)とかアスコルピン酸(ビタミンC)
  →不採用。
   使用している人もいるみたいだが、少数派でいまいち不安。


長くなりすぎたので今日はこのへんで。

水質 | 16:59:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
PH降下とフンづまり
PHがやや高いので、バクテリアによる自然降下をのんびり期待するより、添加物による降下を検討。

ヤホー先生(ネット)で調べてみるが、ま~いろいろなご意見があって、逆に確固たるベストな方法ってないのかも?

いろいろ試してみるしかないのか。

一応、将来的にネグロ系低PHアピにチャレンジしたいので、固形ピートかテトラブラックウォーターを試してみようかなと考えてます。

週末にチャレンジしてみましょ。


カージ君の小吉(3匹を大中小でみて)、なんだかお腹が張っている様子なので、フンづまりか?と心配になり、またヤホー先生に聞いてみました。

便秘にはココアが効くんだそうですよw びつくり。

で、白点には鷹の爪が効くんだとか。

アクアライフ先生は教えてくれないお話ですね~。

ですが、さっき観察してるとフンしてました。一応開通はしているみたいなんで、餌を抜いて様子をみます。

今日はこのへんで。


アクア | 20:05:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
アクア日記初日(仮)
ブログを始めました。といってもまだ使い方もいまいちなんで、文章だけの日記程度に使っていきます。

現在の状況

ADA30キューブ
ブリラントフィルターのダブル
田砂 薄く

タンクメイト(2/8導入)
カージ(ブリード)×3
オトシンネグロ ×3

水草は本ナローとブセ、フロッグビット


オトシンがやせていたので、昨日、ブロッコリーとコンブを投入。ブロッコリーには割とすぐに反応して、
今日のところは、お腹がフラットになっていたので一安心。


現在のPHは、7~7.5(水道も同じくらい)。
うーむやや高めだな。

とりあえず魚の調子は悪くないので様子を見つつ、PHを下げていく方向でがんばりましょう。

今日はこのへんで。

アクア | 18:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。