■プロフィール

とり

Author:とり
2014年2月に、水槽立ち上げ。

現在、

30cmキューブ 2本
20×30×33  3本

という「しばり」でアクアをしてます。

アピストグラマ
  ・パウキスクアミス
    リオアラカ×1ペア
    とその稚魚達

オトシン
  ・ネグロ×1
  ・並  ×2
  
その他
  ・ディープレッドホタル×3
  ・黄ホタル×3
  ・マーブルハチェット(亜種)×4
  ・チョコグラ×1 
  ・ヤマトヌマエビ×複数

を飼育中。


アピストブログのランキング?へのリンク↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
う、うんだずら…
パウキスクアミス、本日、待望?の3腹目産卵を確認。

DSCN1616_convert_20150224170859.jpg

DSCN1619_convert_20150224170926.jpg

今回は、空中土管に産卵しました。(前回まではミニ植木鉢)

また、今回はメスが十分に太っていた為、卵の数も多そうです。

ですが、うれしい反面・・・

1腹目2腹目の稚魚がもう一つの水槽で育成中なので、正直、沢山増えても扱いに困ってしまいそうです。

これまでは、オス及び同居の魚は即抜きしていましたが、今回は、このままで様子を見てみたいと思います。
(サバイバル)

どうなることやら楽しみです。

スポンサーサイト
アピストグラマ・パウキスクアミス | 17:17:09 | トラックバック(0) | コメント(6)
アピスト観察。くっそどうでもいい話
タイトル通り、くっそどうでもいい話です。

【状況説明】

①隔離箱(産卵箱)にバンパイアオトシンを入れていて、エサに活イトメも入れています。

②その水槽はパウキスの稚魚が入っていて、隔離箱のスリットから逃げ出したイトメを食べているようです。

③アピストは悪食なので、イトメを食べるだけ食べて、稚魚のお腹はパツンパツン。はちきれそう。ひどい。




で、今日、水槽を観察していると、でぶでぶパウキス稚魚の1匹が、「うんち」をし始めました。

正直、フン詰まりを心配していたワタシは、その様子を観察していました。(うんちが出始めて一安心)

パウキス稚魚の糞は、じわじわ伸び始めて、途切れることなく、長く立派な1本糞です。(カールしてますが)


ここから驚き。

犬が自分の尻尾をエサ?と勘違いしてか、自分の尻尾に噛み付こうとグルグル回る光景って分かります?

まさに、それです。

アピスト稚魚が、自分のフンを、エサかミミズか勘違いして、噛み付こうとグルグル回り始めたのです。


わ~おもしろい!

この後どうなるんだろ?(ワタシはテンション高め)

って観察していたら、


・・・

10周くらいしたところで、他のアピスト稚魚が、そのフンを下からガブリ。

そのままモグモグぺろり。

ちーん。

イトメ、未消化だったんですかね?そのまま胃袋に収まりましたとさ。

おしまい。




アピストグラマ・パウキスクアミス | 21:44:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
仕切りなおし!
パウキスの二腹目のベビーですが、ダメです。

ベリースライダーがいたり、成長不良がいたりで、まともに成長しそうなのが2~3匹くらいになりそうです。

おまけに、カラムナリスなのか尾びれをたたんでる子も出てくる始末。

これはもう、あきらめました。


で、先ほど稚魚を全部掬い(といっても10匹もいないのですが)、プラケに入れて、薬浴処置しました。

生後1ヶ月での親離れ子離れです。

明日は、メスのいる水槽をちょいと水換え&レイアウト手直しの予定です。

一応、三腹目を意識して、そのうちオスとの再同居を考えています。


しかしながら、別の魚にもチャレンジしたいよなぁ~。

これからネグロのアピストがシーズンインしても指を加えているだけになりそうです。

もし次にアピスト導入できるなら、ロートカイルがいいかなぁ?でも、パウキスのツインバータイプもいいなぁ。

王道のエリザベサエも一度は飼いたいなぁとか妄想してます。

あと、昨シーズン入手しそびれたオトシンのホワイトバンパイアの為に小遣いと水槽の余裕を確保しておきたいなぁとも考えています。




アピストグラマ・パウキスクアミス | 18:53:05 | トラックバック(0) | コメント(4)
最近の状況
パウキスクアミスの二腹目の稚魚も、無事に泳ぎ始め、取りあえず軌道にのったようです。

DSCN1543_convert_20141123164622.jpg

数は10匹程度で少ないですが、このサイズの稚魚の泳ぐ姿は微笑ましいものです。

飼育者の下手で減らさないようにがんばりたいですね。

一腹目の稚魚ですが、これも10匹程度と少ないですが、ぼちぼち1センチくらいになって、順調に育っています。



ワイルドのアピストは、ぼちぼちシーズンインしていて、各ショップのHPでも入荷情報がアップされるので、楽しく見てます。

最近では、「グリーンオトシン」の輸入もあって、実に気になるところです。


です。

が、


我が家は、水槽に余裕がないんですよね~。

全30キューブ2本のうち、1本はパウキス♀と稚魚+ハチェット。

もう1本はセパレートして、パウキス1腹目とチョコグラ、カラシン達といった具合です。


新しい魚を購入できるわけでもなく、かといって、稚魚を育てているので水槽に手をいれることもできず、

せっせとブラインをあげて、稚魚が大きくなるのを見ている状況です。

つまり、ブログに書くことがないってことです。


更新は減りましたが、マイペースでアクアは続けていますので、ご心配なく。





アピストグラマ・パウキスクアミス | 17:09:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
パウキス 二腹目、無事浮上!
11/3に産卵したと思われるパウキスクアミス(二腹目)が、ようやく本日(11/13)に浮上しました。

実に10日かかってます。

実は、昨日心配になって産卵床の植木鉢をひっくりかえして確認してました・・・。

浮上といっても、まだ、ときどきフヨっと泳ぐくらいで、ほぼ砂と同化してます。

数は、まだ把握できてませんが、20くらいと少なそうです。

DSCN1542_convert_20141113144818.jpg

DSCN1539_convert_20141113144800.jpg

メスの真下の砂に稚魚がいるのですが、写真ではさっぱりわかりませんね~。

これからすくすく育って欲しいものです。



メスの写真ばっかりですが、たまにはオスの写真も載せてみます。

実はオスも撮影をちょいちょい試みているのですが、ぜんぜんうまく撮れてくれません。

↓尻尾だけとかね。

DSCN1532_convert_20141113144650.jpg

↓多少ましかもって写真です。撮影技術の向上が望まれますね…。
DSCN1537_convert_20141113144722.jpg


アピストグラマ・パウキスクアミス | 15:01:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。