■プロフィール

とり

Author:とり
2014年2月に、水槽立ち上げ。

現在、

30cmキューブ 2本
20×30×33  3本

という「しばり」でアクアをしてます。

アピストグラマ
  ・パウキスクアミス
    リオアラカ×1ペア
    とその稚魚達

オトシン
  ・ネグロ×1
  ・並  ×2
  
その他
  ・ディープレッドホタル×3
  ・黄ホタル×3
  ・マーブルハチェット(亜種)×4
  ・チョコグラ×1 
  ・ヤマトヌマエビ×複数

を飼育中。


アピストブログのランキング?へのリンク↓
にほんブログ村 観賞魚ブログ アピストへ
にほんブログ村

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
フェードアウトしてました。
まあこんな、過疎ブログ見ている人も少ないと思いますが、ブログ活動は休止していました。(ほっぽていました。)

熱帯魚は、新規で購入もしていなくて、ぽつぽつ落ちる魚もいて開店休業。

釣りはぼちぼちやっています。

ブログ書くテンションになれば再開しますが、そんな感じです。

スポンサーサイト
未分類 | 20:04:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
会員としての活動! ~ゼブラオトシン~
先日、ぴよ会長様より、世界オトシン会連合の素敵なステッカーが届きました。↓

IMGP0508_convert_20151027190620.jpg

早速、水槽台に貼り付けてみました。 会長、ありがとうございました!


これでは、会員として何か活動しなくてはならないということで、買いました↓
IMGP0501_convert_20151027190649.jpg

ぽつぽつと色んな店に入荷しているようですね。

4匹購入したのですが、↓この子が一番きれいな柄です。
IMGP0506_convert_20151027190740.jpg

ですが、そう簡単に喜んではいけなかったんですね。

①通販で購入し、我が家に来たのが、日曜の夕方。

②んで、水あわせして、水槽に放流。 軽く写真をパシャパシャと撮って終了。

③翌日の月曜日、仕事から帰って、エサをやりながら、じっくり観察してると…。

白いポツポツ…。

うわ~。白点だぜ。

日曜日(到着日)に撮った写真を拡大してみると、やっぱり、白いポツがついてる…。

これだから通販は恐ろしい。


今は、薬浴&30℃にいますが、とりあえずエサも食べていて、元気な様子が3匹、ちょっと怪しいが1匹といった状況です。

落ちずに復活することを祈ってます。


(おまけ)別水槽で、のんきなボル。
IMGP0502_convert_20151027190717.jpg


オトシン | 19:37:41 | トラックバック(0) | コメント(4)
肥満注意! ~内臓脂肪について~
「魚も、エサを与えすぎると、内臓脂肪が溜まってしまい、それが、生殖機能を損なわせる。」という記事を読んだことがあります。
(ほんとかどうかはわかりません。)


先日、釣りの友人から、海上釣堀で釣ってきた真鯛を貰いました。

この真鯛は、要はエサを貰っている養殖モノの鯛です。

捌いてみると…、

うお!内臓脂肪たっぷり!

内臓の周りに、白くてぷるぷるしたものがこびりついていました。


天然ものでも、旬のシーバスなんかで脂肪がついているのを見ることがありますが、養殖モノ恐るべし!

飼育する上で、エサの量ってどのくらいが適切なんだろうかって考えさせられました。

アクア | 12:40:01 | トラックバック(0) | コメント(5)
安心したいのさ(オトシン飼育編)
熱帯魚の飼育者として安心する瞬間って、魚がエサを食べているとこを見ることだと思います。

カラシンなんて、エサの準備する音だけで、水面に上がってきたりするじゃない?

ナマズ系って夜行性なのか?

オトシンのエサやりって、エサを投入してすぐに、食べにきてるって、相当餌付けされてるから!

熱帯魚の飼育難易度の指標として、エサを食べている姿を飼育者に見せてくれるかどうかって、大きな指標と思います。

オトシン | 20:21:56 | トラックバック(0) | コメント(4)
オトシン専用水槽(小型)への模索
今年もバンパイア(ホワイト)の輸入ありましたね~。

だが、怖いからまだ買わん!(=長生きさせる自信がない。)


一応、ワタシの当面の目標は、バンパイアオトシンの長期飼育です。

その為には、近い種類である(そして、バンパイアよりお財布に優しい)、ロボコットやボルケーノで長期飼育にチャレンジし、飼育ノウハウを確立させたい!と考えています。

最近、チャームさんで、再びこの子らを購入しました。↓
46052.jpg
13770.jpg

コンディションの良い個体が届いて、今のところ我が家で元気にしてます。
(過去、この子らはなんとなく、うやむやに死なせてしまっていますので、リベンジです。)


↓この写真は、我が家の現在のオトシン水槽(ハチェット同居)です。
IMGP0477_convert_20150918170608.jpg

実ははワタシ、オトシンの長期飼育にベストなのは、45センチくらいの水槽に、砂利なし&上部ろ過ではないかと考えています。

ですが、我が家の水槽事情により、20×30の小型水槽でチャレンジしているわけです。


オトシン(特にナンノプトポマ系)の長期飼育のポイントは、

 ①エサの安定供給
 ②エサの食べ残し&大量のフンの処理(物理ろ過)

をクリアすることだと思います。


特に、②のろ過については、小型水槽で飼育する場合のネックかなと思っています。

オトシンは1匹でも、かなりフンが多くて、スポンジフィルターだけでは、厳しい感じです。
でも、がんがん換水するには、水量が少ないので水質の安定に不安があります。

で、物理ろ過に特化した、サブフィルターを用意したいのですが、イメージ通りの商品がないんですよね。

なんで、仕方なしに、

100円均一で、こんなん↓を購入し、(ネコ除け商品)
IMGP0481_convert_20150918170718.jpg

さらに、水作Sを購入し、こんな感じで運用してみました。
IMGP0480_convert_20150918170655.jpg

でも、違うんだよな~。

まあ、悩むのもアクアの楽しさの一つです。

*****************

追記(9/25)
エサ皿に舞い降りたボル。
人目を気にせず、イトメをもしゃもしゃしていたので、まずは一安心。

IMGP0484_convert_20150925142531.jpg


オトシン | 18:00:27 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。